銀行が消費者金融業界に参入?

カードローンといえば消費者金融を想像する人が多かったですが、現在は銀行もカードローンを提供しているように、貸金業界に参入してきています。なぜこのようなことが起きているのかというと、双方にメリットがあるからです。そして利用者にもメリットがあることを知っておきましょう。
最近多いのが銀行カードローンの審査を受けるときに、保証会社の審査を受けられる人という条件が課せられることがあります。その保証会社こそ消費者金融や信販会社になっています。銀行にとってみれば、なかなかお金を借りてくれる人が少ないことで、貸金業界に参入することでお金を貸すことができます。ただ少額融資というのは手間が掛かりますので、そのような面倒なことは消費者金融にやってもらうことにメリットがあります。万が一返済できなくなるようなことがあれば、消費者金融のノウハウによって債権の回収まで行うことができます。このようなメリットがあって貸金業界に参入してきています。
また消費者金融 限度額のメリットとすれば、資金調達が簡単になります。お金がなければ貸すことができませんので、業績を伸ばすチャンスになるでしょう。双方にメリットがあるからこそこのような関係があります。業者によって金利が異なることから、カードローンというかたちで低い金利の商品を求めることができるのも利用者のメリットになっています。参入することでお金を借りたい人にとって見れば、これは喜ばしいことでもあります。