銀行が消費者金融業界に参入?

カードローンといえば消費者金融を想像する人が多かったですが、現在は銀行もカードローンを提供しているように、貸金業界に参入してきています。なぜこのようなことが起きているのかというと、双方にメリットがあるからです。そして利用者にもメリットがあることを知っておきましょう。
最近多いのが銀行カードローンの審査を受けるときに、保証会社の審査を受けられる人という条件が課せられることがあります。その保証会社こそ消費者金融や信販会社になっています。銀行にとってみれば、なかなかお金を借りてくれる人が少ないことで、貸金業界に参入することでお金を貸すことができます。ただ少額融資というのは手間が掛かりますので、そのような面倒なことは消費者金融にやってもらうことにメリットがあります。万が一返済できなくなるようなことがあれば、消費者金融のノウハウによって債権の回収まで行うことができます。このようなメリットがあって貸金業界に参入してきています。
また消費者金融 限度額のメリットとすれば、資金調達が簡単になります。お金がなければ貸すことができませんので、業績を伸ばすチャンスになるでしょう。双方にメリットがあるからこそこのような関係があります。業者によって金利が異なることから、カードローンというかたちで低い金利の商品を求めることができるのも利用者のメリットになっています。参入することでお金を借りたい人にとって見れば、これは喜ばしいことでもあります。

三菱UFJでカードローンを組んでみた

UFJカードローンを組んでみました!とりあえず、推奨ATMなどなら何時でも何度でも使ってもATMの使用手数料無料ってのがいいですね。まずはそこから良くて入り込みました!結構未だにATM利用料とか時間帯とか曜日とかで手数料取るのが多い中、三菱UFJならな〜にも気にしないでいつでも平日の昼間のように気にしないでいいところがお気に入り。
しかも推奨ATMは三菱東京UFJで当然OKながら、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートでもATMに対応してるので、近くの適当なATM設置コンビニで十分気にしないで使える。困った時はいつでもどうぞ!と言う感じで待ち構えている。あと、最大の利点は、10万円の借り入れなら、月々最低返済額が驚きの2000円という設定が可能な事で、金利も低いから、支払い期間が長くても、そんなに金利で圧迫されないところが、これがまたお気に入り!
結構10万円だと月々5000円〜とかならあるけど、2000円〜というのは手数料無料と同様に魅力があります。計算すると10万円なら1日40円の利息なので安くて計算もしやすいので返済しやすいし、計画性もあってかなり強みです。作る時も最短で即日カード発行で、しかも約40分程度でもう手にはカードをもっていてそのまま利用出来ます。始めから急ぎの利用も可能なので急いでいる人にもオススメかな。後はご自由にっていう自由度が効くので使い勝手がかなり良いですよ。